海外に転勤になったのでマンションを貸したいと思い賃貸として貸し出す

不動産会社に相談

早速、地元の不動産会社のお店にお邪魔をして、部屋を貸したいと言う事を伝えると、仲介を行うためには媒介契約を交わす必要があり、媒介契約の方法には幾つかの種類があるので、それぞれの媒介契約の事について教わりました。
自分が選んだのは1社で独占が出来る媒介契約であり、仲介業者と言う事からも、借り主が見つかった時には仲介手数料として家賃の1か月分相当の仲介手数料を支払う事になりました。
ここで問題になったのが家賃を幾らにすれば良いのかと言う事でした。
不動産会社の担当者に相談をしたところ、自宅のある周辺エリアでの家賃相場を教えて貰い、築年数や間取り、専有面積などを加味して家賃を決める事が出来たのです。
因みに、自分が所有しているマンションは最寄り駅から徒歩約10分の場所にある3LDKの部屋で、周辺エリアでの家賃相場は新築の場合であれば16万円、築年数が5〜10年であれば12万円と言った家賃相場である事を教えて貰い、自宅の家賃は13万円と言う金額で貸し出しをする事に決めたのです。
但し。
不動産会社の担当者の話では、反響がない場合には家賃を数千円引き下げる事も必要だと言う事をも教わりましたが、住宅ローンの月々の返済額は12万円であり、これを下回らなければ良いので、最初は13万円と言う金額で仲介を依頼し、反響がない場合には少し家賃を引き下げる形でお願いをしたのです。
運が良いのか、広告を出すと直ぐに借りたい人が見つかりましたが、部屋を貸すかどうかは不動産会社が最終決定を行うのではなく、貸す側が審査を行って貸すのかどうかを決めれば良いと言う事でした。
借りたい人と言うのは、大手企業に勤めているサラリーマン家族で、安定した収入があるなどの理由から部屋を貸す事に決めました。

家を買ったけど転勤する場合不動産会社に相談